中学受験に向けて3年生の家庭学習でやっている問題集と勉強時間

国語

小学3年生の娘は勉強が嫌いなわけではないけれど、長い時間やってくれるわけでもありません。

難しくてよく考える問題は特に嫌がります。

 

中学受験に向けてこれでいいのかという不安がありますが、家庭学習でやっている問題集勉強時間を書いておきます。

スポンサーリンク

中学受験に向けて3年生の家庭学習でやっている問題集

小3の4月現在、家庭学習でやっていることはこちら。

 

  • 漢字ドリル小3(くもん市販)1枚
  • 数・量・図形小3(くもん市販)1枚
  • 学校からの宿題 1枚
  • 進研ゼミタブレット たまに
  • 公文算数5枚(現在休室中のため、やらない日もある)
  • 出口式論理国語 たまに
  • トップクラス問題集 ごくたまに

 

毎日やるのは公文市販ワークの漢字と数量図形ぐらい。

学校がコロナで休校中なのに、これしかやらないってどうなのよ…と突っ込みたくなります。

 

下の子が保育園に行けていればもっと出来ると思うのですが、どうしても一人だけ勉強するのは難しいのです。

 

くもん市販ワークの口コミはこちら↓

市販のくもん小学ドリルの口コミと進め方
くもんの市販の小学ドリルを子供にやらせてみた感想を口コミします。内容は教室の公文プリントとそっくり。進め方や繰り返しやらせる場合はどうする?
小学生の算数苦手分野のおすすめドリル
小学生の算数で苦手分野があるなら、簡単なドリルがおすすめです。

 

これだけは嫌がらずに進んでやります。

最低1枚ずつだけど、やる気のあるときは2、3枚やっています。

 

漢字はもうすぐ終わりそうなので、次は四谷大塚のリーダードリルを購入済み。

 

学校からの宿題は、学校がある日なら算数のプリントと音読。

今は休校中の宿題として国語と算数の2年生復習プリントが1枚です。

 

そういえば宿題の量って先生によって変わりますよね。

去年の先生は少ない方だったと思うのですが、今年はどうなんだろう?

 

まだ通常授業がないから気付きませんでした。

 

出口式論理国語についてもこちらで書きました。

出口式はじめての論理国語の口コミと、論理エンジンとの違い
出口式はじめての論理国語を買ってやってみた感想をご紹介します。小6レベルまですべてやれば確実に国語の力がつきそう。論理エンジンとの違いについてもまとめました。

 

けど、ちょっと飽きちゃったみたいで停滞してます。

自分からやることはなく、私が読み聞かせをしたらやる感じです。

 

だから私がしっかりしないと(^_^;)

 

最後のトップクラス問題集は国語と算数徹底理解編を買いました。

中学受験をするなら解いておいた方がいい、とよく書いてあったので。

スポンサーリンク

 

難しい問題に慣れてほしいと思ったのですが、難しいというかめんどくさいというか…

 

計算は細かくて複雑。

私が子どもでもやりたくないな、と感じるので、こちらもほとんどお蔵入りしてます。

 

得意は国語のほうは、文章読解をたまにやらせています。

最初は漢字や語彙の問題ですが、まだ習ってないから全部すっ飛ばしました。

 

3年生の冬休みか春休みなど、長期休暇のときに取り組みたいです。

 

中学受験に向けて3年生の勉強時間

こう書くとたくさん勉強してそうですが、実際に毎日やるのは公文市販ワーク2冊のみ。

1枚10分ぐらいで終わるので20分。

 

公文式の教室のプリントで算数20分。

 

学校があるときは基本的に毎日宿題が出るのでプラス10分。

 

毎日50分が平均の勉強時間です。

進研ゼミのメインレッスンが残っているときはプラス1時間ほど。

 

学年×15分が家庭学習の目安ということなので、3年生ならギリギリ届いているけれど。

 

学校の5時間授業がないのにこんなに少なくていいのかと焦ります。

自分からやる公文市販ワークをプラスしちゃおうかなー。

 

くもんの文章読解は簡単だったので、4年生に進むのもどうかと思う…

 

国語の文法か、算数の文章題か…

買ったことがないので中身を見てみたい。

 

公文市販ワークをもっとやる日もあるし、やる気があるときは2時間、3時間と勉強しています。

連続じゃなくて細切れですが。

 

できれば毎日2時間以上机に向かって欲しいよ( ;∀;)

 

まとめ

中学受験に向けて、新小3が家庭学習で何をやっているのか、どのぐらいの勉強時間なのかを書きました。

 

せめて早くコロナが落ち着いて、通常授業に戻ってほしい。

学校があるなら、家庭学習で1時間でもいいと思うけど、学校がないのにそれだけしかやらないことに不安になります。

 

落ち着く見通しも立たないし、学校はどうするんだろう。

オンラインにするなら早くしてほしいですね。

 

▼中学受験に向けて頑張るブログがたくさん。

参考にしています。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました