算数オリンピックキッズBEEの対策でやった問題集

算数

算数オリンピックのキッズBEEに初めて申し込みをしました。

そもそも算数オリンピックというものがあることすら、つい最近知ったのですが…

 

対策なんてほとんどしなかったけど、やっておいて良かった問題集、やるべきだった過去問について書きました。

スポンサーリンク

算数オリンピックキッズBEE対策でやった問題集

キッズBEEは小学1年生から3年生が対象の、低学年向け算数オリンピックです。

中学受験を考えているような家庭で受けている子が多く、気になっていました。

 

でも、小3の娘は算数が得意とは言えない…

単に計算が早いだけです。

 

特に、複雑な文章題は手をつけられそうにない。

深く考えることが苦手でした。

 

だから、キッズBEEも、最初は申し込むつもりなんて無かったのです。

受けても良い点数なんて取れそうもないし。

 

算数オリンピックはトライアルの予選があり、それを突破した子だけがファイナル(決勝大会)に参加できます。

2020年の今年はコロナウイルスの影響で、ファイナルはやらず、トライアルだけ自宅受験で行うことになりました。

 

本来はファイナル参加者だけがもらえるメダルが、今年は全員に参加賞としてもらえます。

 

娘がファイナルに届くとは思えないし、メダルをもらえるなんてこんなチャンスはもう来ないかも…

 

そう思って申し込んでしまいました(^_^;)

 

キッズBEEに向けての対策はほとんどしなかったです。

ホームページ上で過去問をちらっと見たとき、これは無理だな、と諦めてしまっていました。

 

キッズBEEの制限時間は90分です。

それも絶対集中力が続かないだろうと思っていたけれど、予想に反してひたすら試行錯誤して問題を解いていました。

 

思考力を必要とする問題に、ここまで立ち向かえるようになっていたことに驚きました。

 

これはたぶん、あの問題集のおかげです。

 

サピックスのきらめき算数脳です。

 

きらめき算数脳では、問題に条件があり、その条件に当てはまるパターンを順番に検証して答えを導き出すという問題が多い。

今回のキッズBEEにも似た問題が出ていたので、取れているといいけどなぁ。

 

きらめき算数脳は問題の説明や条件が長いものもあり、そういう問題に慣れることができました。

スポンサーリンク

 

きらめき算数脳は、全国統一小学生テストの対策として始めたけど、やっておいて良かったです。

 

さらに欲を言えば、きらめき算数脳の3・4年や、4・5年用のほうが難易度としては合っていると思いました。

 

キッズBEEの対策なら過去問がベスト

きらめき算数脳をやっていたので、90分間問題と向き合うことはできたけど、解けた問題はあまり多くありません。

半分も埋まってなかったかな…

 

娘にしては頑張ったと思うのですが。

 

問題を見てみると、最初の方に解きやすい問題もいくつかありました。

きっと1度でも似たような問題を解いておけば、解けたかもしれない。

 

キッズBEEでは出題頻度が高い問題もあるそうなので、対策としては過去問をやるのが1番だと感じました。

 

過去問は算数オリンピックのホームページから購入できますが、やる時間もないし買わなかったのです。

 

キッズBEE参加を決めたのは2週間前だったので(^_^;)

 

でも、今回受けてみて、算数オリンピックも手が届かない世界というわけじゃないんだなーと気付きました。

 

下の子達はしっかり対策して出てみようかな。

 

まとめ

算数オリンピックのキッズBEEに挑戦した記録です。

次回受けるなら、過去問でしっかり対策したい。

 

今回は、長時間のテストにも耐えられるようになったということが1番の発見でした。

子どもっていつの間にか成長してるのですよね。

 

平均点にも届かなそうだけど、また結果が出たら記事にまとめたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました