公文を嫌がる年長の息子が変わった理由は?

公文

5歳の年長の長男は公文に通っています。

8月の体験を受け、今3ヶ月ぐらいですね。

 

体験の後、2ヶ月ぐらいがしんどかった・・・

やっぱり嫌がるんです。

それが最近はスムーズに宿題を進められるようになりました^^

その理由について書いていきますね。

スポンサーリンク

年長の子供が公文を嫌がる理由

年長の息子が公文を嫌がる理由。

それはやっぱり、遊びたい!からでした。

 

レゴやブロックで遊ぶのが大好きな息子。

朝起きてレゴを作り、朝ご飯を食べてレゴを作り、保育園でもブロックで遊んで、帰宅してからもレゴ、という、本当にブロック三昧の日々を送っています。笑

 

レゴクラシックより、デュプロが好き。

 

私は、どうしてそこまで毎日毎日遊べるのか本当に理解できない(^_^;)

すごい才能だなぁと感心しちゃいます。

 

公文なんて集中してやれば10分15分で終わるはずなのに、それよりも遊びたいのですよね。

なかなかエンジンがかからず、さらにどんどん時間がかかってしまう悪循環でした。

 

私もイライラして怒鳴りつけちゃったり・・・

 

公文を嫌がる息子への対応

月謝を払っているからには、しっかり宿題もやってほしい!

そうは思うけど、最初から全てを求めないことにしました。

 

佐藤ママの本でも、まずは1週間に1回でもできたら褒めてあげる。

その後1週間に2回、毎日、と増やしていき、出来ない日があっても気にしない、とありました。

スポンサーリンク

 

流石にそこまで余裕を持ってあげることは出来なかったけど(^_^;)

 

宿題をやろう!と声をかけて、その時にやる気がなかったら諦めて遊ばせる。

その代わり、いつやるのか子どもに決めさせました

 

その時間になったら1枚でもいいからやってもらう。

 

「5枚やろうか?」

「3枚がいい!」

「じゃあ4枚は?」

 

みたいに交渉してくるようになったり。

1枚やると、意外と2枚3枚と出来ちゃうこともあります。

 

そのうち、ペースが掴めてきました。

息子はそもそも机に座りたがらない(レゴは床に座って作る)ので、公文をやるのを何か食べた後にしたのです。

 

おやつの後や、夕食の後。

食事が終わったら食器の片付けをして、手を洗って公文を開始!

公文が終わったらテレビを見ていいよ、とご褒美もつけて^^

 

息子は大体夕飯の後にやっています。

なるべく先延ばしにしたいみたい。笑

 

その点、先にやってしまいたい私や長女と正反対で面白いです。

 

教科は1教科がおすすめ

うちの子たちはどちらも算数の1教科しかやっていません。

娘はもうすぐ英語を追加予定ですが。

 

息子にも本当は国語もやらせたい。

けれど、2教科やるのはきっと彼にはまだ無理だろうと思うのです。

小1の頃の長女も、2教科やるのは無理で国語をやめました。

 

学習習慣をつけるという意味で、まずは1教科を毎日こなせるようになる。

その後、本人がやりたいといえば追加してあげるのが一番スムーズに進むのかな、と。

 

3ヶ月ぐらいやってみて、それでも嫌がるなら・・・

合わないのかもしれません。その場合は一旦やめるのもアリだと思います。

 

まとめ

公文を嫌がる息子が最近変わってきたので、我が家の対応などを振り返ってみました。

こうやってみると、すごい成長したなぁー^^

 

またきっとスランプが来ると思うけど、なるべく怒らず、本人に任せるスタイルで進めていきたいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました