公文と大手中学受験塾のコロナ対応

公文と大手中学受験塾のコロナ対応公文

コロナウイルスによる緊急事態宣言が出されて、くもんは休室となりました。

大手中学受験塾に比べると、公文はとっても良心的でした。

スポンサーリンク

くもんと大手中学受験塾のコロナ対応

今回の緊急事態宣言でくもんは完全にお休みとなりました。

宿題での家庭学習もなし。

 

そのかわり、会費はかかりません。

4月分の月会費は5月分に充当してくれるとのこと。

4月も2回ぐらい教室に行ったのに、全額返金というのは嬉しいですよね。

 

3月に家庭学習に切り替わった時も、休会の締め切りを伸ばしてくれたりして、良心的だなぁと思いました。

 

最近ツイッターを見ていると、大手の塾は授業料が変わらず1か月分かかるんだそう。

教材の配布や動画授業があるみたいですね。

 

全額とは言わなくても、せめて何割かは割引してくれればこちらも嬉しいのに。

対面での授業がないぶん、子どもが得られるものも減ってしまうと思うんです。

 

本当はうちも、小5ぐらいから塾に行かせたいです。

 

その理由は、環境がいいと思うから。

目標に向かって努力するような子と友達になってほしい。

 

勉強を教えるのは私でも出来るような気がするし、勉強するのは子ども自身。

塾に期待しているのは、先生よりも友達なんです。

 

実際は、大手塾までが遠いから行けないと思うのですが。

行き帰りの時間がもったいない( ;∀;)

 

くもんは休室となりましたが、教材を配布してくれるということで取りに行ってきました。

算数はくもんの宿題に頼っていたからありがたい。

スポンサーリンク

 

公文はコロナ対応で教材配布

 

今までの範囲だけだったら残念だなぁと思ったら、ちゃんと進んだ部分も少しだけ入っていました。

でも答えは無かった。

 

無料だということになるので、文句は言えないですね。

丸付けも面倒だし、解きっぱなしでもいいかな(^_^;)

 

今回のコロナ騒動で、教材の進みが悪くなっている気もする。

トロフィーを目指していたけど届かないかもなぁ。

 

どちらにしても、小学6年生レベルのF教材が終わったら公文は辞めます。

そのあとは通信とママ塾で頑張る予定。

 

なにより、子どもが中学受験したいって言うのかどうか…

中学受験をしたくないと言ったら尊重するつもりだけど、どうやって誘導するのがいいのか作戦を練らなきゃ(*´∀`*)

 

▼中学受験ブログを参考にしています!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました