無料の全国統一オンライン講座を受けた感想。飛び級はあり?

四谷大塚の全国統一オンライン講座が始まりました。

塾などに行ったことが無い娘が受けてみてどうだったのか、感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

四谷大塚の全国統一オンライン講座の感想

私も塾には行ってなかったし、学校の授業の記憶もほとんどない。

授業なんて無くても教科書読んでいけばいいんじゃないの?

と思っていました。

 

でも、実際娘に教科書を読ませてみても全然理解できない。

私がちょっと説明してもダメ。

 

理解力が無いのか、私の教え方が悪いのか、または数をこなすしかないのか。

 

公文は数をこなす塾ですよね。

理解するより、分からなくても解いて慣れていけばいい、というスタンスだし。

 

なんて思っていたのですが、全国統一オンライン講座を受けて分かりました。

 

私の教え方が全然ダメだった!笑

やっぱり、先生が分かりやすく説明してくれる授業って大事だった!

 

塾の先生はその単元のポイントがよく分かっていて、それを何度も伝えてくれます。

 

子どもたちに問いかけるタイミングも絶妙で、娘は一人で答えたり、先生に突っ込んだり、本当に楽しそうでした。

 

娘は引っ込み思案で、学校の授業で発言したり手を挙げたりは絶対にしないタイプ。

それなのにこんなに喋りながら動画を見ていることにビックリしました。

 

家族しかいないから?

恥ずかしさがなくて素直に発言できるみたい。

 

娘には通塾よりも動画授業の方が合ってるのかもしれない。

通塾はたぶん無理なので良かった。

 

でも、残念なところもあります。

 

推奨環境がイマイチ。

この時代にIEのみ。edgeもダメでIEのみなんてシステムがこんなに大きな塾で使われていることがビックリ。

やっぱりリトルくらぶとか進学くらぶも同じシステムなのかな?

それがすごーく残念。

 

chrome対応してくれないとな…

 

我が家では2台パソコンがありますが、1台はどう頑張っても見れなかったです。

拡張保護モードがオンだと再生エラーになり、オフにすると真っ白。

しばらくアンインストールしたり再起動したり色々やりましたが、諦めました。

 

もう1台は私が普段使ってるパソコンで、そちらはSilverlightのインストールだけで見れるようになりました。

でも私が使うPCが無くなるから、もうひとつの方で見たかったんだけどな。

スポンサーリンク

 

対応環境が増えることを願うしかないですね。

 

追記

見れなかったPCでも、見ることが出来るようになりました!

方法は、IEを管理者として実行すること。

IEのアイコンを右クリックし、管理者として実行を押します。

 

もし同じように見れないという方がいたら、お試ししてみてくださいね。

 

さらに追記!

今現在はchromeやEdgeでも見れるようになっています。

対応が早くてびっくり。開発者さん、大変だっただろうなぁ。。。

 

全国統一オンライン講座は飛び級できる?

全国統一オンライン講座は、学校の授業でやるような基礎的な内容を教えてくれる講座です。

だから、先取りしていると簡単すぎてしまいますよね。

 

四谷大塚や東進の塾に通っていたり、通信教育を受けている生徒は受講できません。

この講座は、入門講座としての位置づけですので、すでに東進や四谷大塚の授業を受けている生徒を対象とするものではありません。東進および四谷大塚の生徒は現在受講している講座および演習・高速マスター等を全力で進めてください。

 

簡単すぎて意味があまりないから…ということだと思います。

娘にも、飛び級で一学年上の内容をやらせたい。

 

でも一応、学校の授業を補う、という意味での無料サービスなので、先取りは出来ません。

 

やるなら生年月日と学年を偽って申し込むしかない…

 

嘘をつく勇気がなくて諦めました(^_^;)

近々四谷大塚のリトルクラブも申し込みたいし、そのときに色々困るのもなぁと。

 

それでも、今の学年の内容を全部家でやっているわけではないし、娘も楽しそうなので良かったです。

 

まとめ

四谷大塚と東進の全国統一オンライン講座を受けてみた感想、娘には好評でした。

twitterではあまり良い評判を聞かなかったので、期待していなくて、1台見れなかったときは諦めようかと思っていたけれど…

粘って良かったです。

 

環境については直してほしいけど、システムの作り直しになるだろうし、無料だから無理そうですね。

 

また次回も楽しみにしています。

 

▼中学受験ブログを参考にしています!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました