四谷大塚リーダードリル国語(小学3年漢字)の口コミ

国語

小学3年生の娘は漢字の先取りを始めました。

公文の漢字ドリル小3が終わり、次に選んだのは四谷大塚リーダードリル国語です。

小学3年の漢字から。

 

とてもおすすめの漢字ドリルだけど、微妙なところもあり…

口コミを書いておきます。

スポンサーリンク

四谷大塚リーダードリル国語(漢字)の口コミ

まず、良いところからご紹介します。

漢字の練習マスは7マスあり、しっかり練習できます。

 

公文の漢字ドリルは2マスしかなくて少なすぎたので、このぐらいがちょうどいい。

 

そして、意味と、その意味での用例が書いてあります。

 

例えば「重」という漢字なら、

 

①おもい・ひどい

体重・重病・重力

②おもんじる・大切にする

重大・重役・重責・厳重・尊重・丁重・自重・重宝・貴重

③かさねる・かさなる

重箱

④その他

三重県

 

と、こんな感じ。

 

用例が多いのもすごいし、出ている熟語が難しいですね。

意味の分からないものも多いみたい。

 

これを全部、意味と漢字と完璧にするのか…と考えると、不安しかないのですが(^_^;)

 

漢字練習のページの裏は練習問題です。

読みがなと漢字書き取り、中学受験で出題された熟語の問題。

四谷大塚リーダードリル漢字の口コミ

前ページの用例のところに必ず書いてあるので一人でできるけれど、一回で書けるようになるとは思えない難しさですね。

娘も前をチラチラ見ながら書いています。

 

コピーしてやらせれば良かったかな?

問題集をコピーしてやっている方が多いけど、ほんとにすごいなぁと感じます。

面倒すぎて私には無理だわ…

 

ドリルにお決まりのシールもついています。ちょっと意外。

四谷大塚リーダードリル漢字の口コミ

 

四谷大塚のリーダードリルは、一歩先を行く、と書いてあることもあり、難しい熟語の勉強ができるところがとても良いです。

 

でも、残念なところもあります。

 

四谷大塚リーダードリル漢字は、見本をペン字の先生が書いています。

上手に書くポイントなども書いてあるのですが、これで本当にいいのか?というような漢字もあって。

 

たとえば、「飲」

食へんの三画目が斜めで、下の直線と離れてます。

スポンサーリンク

四谷大塚リーダードリル漢字の口コミ

 

普通、くっつけて書きませんか?

印刷の字はくっついてるし、公文の漢字ドリルもそうだったはず。

 

この書き方でもいいのかなぁ?

×にならないならいいのですけど、それが不安。

 

もうひとつは最後のまとめ問題が無いこと。

最重要の漢字だけを集めた確認問題があれば良かったなぁ。

 

間違えやすい書き順の漢字はあったんですけどね。

書き順を間違えやすい漢字のまとめ

 

まとめ

四谷大塚リーダードリル漢字をやらせてみて感じたことをまとめました。

 

ちょっと気になるところもあるけれど、中学受験を目指すならとても良い漢字ドリルだと思います。

小4以降も使っていきたい。

 

漢字の先取り、公文の漢字ドリルについてはこちらに書いてあるので、良かったらご覧ください。

漢字の先取りのやり方はドリルやチャレンジタッチで。弊害はある?
小学3年生になる娘は漢字の先取りを始めました。我が家のやり方や使っているドリル、漢字先取りの弊害について感じていることをまとめました。

 

ちなみに子どもも嫌がらずに進めています。

覚えているかどうかは別ですが…(^_^;)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました